材質と形状を選ぶ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

通販で実印として使う印鑑を購入するときに、まず決めなければならないのは材質でしょう。見た目で好きなものを選んでも良いのですが、材質によって耐久性が異なるので、一度作ったらほぼ一生使うことになる実印は、できるだけ耐久性が高い方がいいでしょう。

耐久性にたいへん優れた印材としてチタンが挙げられます。印材の中では高価で、捺印性にも優れています。金属なので、見た目どうしても味わいに欠けますが、耐久性と捺印性に優れているという点で実印に適しているといえるでしょう。

その他の印材として、木材や樹脂系のもの、動物の角などがあります。木材は耐久性に劣るイメージがありますが、木材でも中には耐久性の高いものもあります。また、動物の骨に関しては、中心部分になるほど硬くて耐久性に優れるため、同じ動物の骨であっても価格と品質に大きな開きがあります。木材や角を選ぶなら、その中から耐久性の高いものを選びましょう。

次いで形状ですが、印鑑には丸印、角印などいろいろな形状があります。実印の形は決められていないので、丸印、角印どちらを選んでもよいでしょう。ただ、個人の実印の場合、無難なのは丸印、持ち手部分は寸胴型だといえます。特にこだわりがないなら、この基本型にしておけば間違いないでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket