育乳をすることで、女性が美しい形にできる楽しみ

女性はバストアップを期待するものです。

バストは遺伝とに関係もあるのですが、育乳をする事で美しい形にできるとも言われているのです。

育乳の基本は乳腺を発達させることが大事です。

バストは90%が脂肪で、あとの10%が乳腺で形成されているのです。

乳腺を発達させるには、バストをつくるために又女性ホルモンをつくるために栄養分をしっかりと蓄える事が必要です。

キャベツは、ボロンの成分が含まれることで、女性ホルモンの分泌を助けるものです。

バストに良い食材としては、大豆製品など女性ホルモンの不足も補うものです。

大豆製品は、イソブラボンと言われる女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持つ栄養素が含まれるものです。

美しいバストをつくるためには、炭水化物やたんぱく質も重要な素材です。

育乳の為には、大胸筋を鍛える運動やクーパー靭帯が切れたり伸びたリしないことも大切です。

この際に肌につけるブラジャーは、ご自分のサイズにあってないブラは使わないことが大事です。スポーツブラの使用もお薦めします。

綺麗なバストを保つ為には、クーパー靭帯を守る事が大切です。

クーパー靭帯とは、皮膚、乳腺、大胸筋と繋がったコラーゲン繊維で出来ている結合組織の事です。

胸を脂肪や吊り上げるようにと支えるもので、胸全体を包み込むように張り巡らせているのです。

クーパー靭帯の働きは重要で、胸は重力に負けないで丸いかたちを保つと言う役割をするのです。

ご自分のサイズにあったブラジャーをすること
夜はナイトブラ、昼間はワイヤーブラを着用すること等があります。バストアップには、リンパ節と固まった筋肉を揉むことが良いのです。

バストの脂肪は流動性があり驚くほどに、二の腕や背中にながれてしまうのです。

脂肪がバストから流れ出ない様にと、効果的な筋肉マッサージやリンパマッサージ方法をご紹介します。
がちがちに凝り固まった筋肉が和らぎ、リンパの流れを促進させるものです。

・片一方の腕を頭の上にあげます。
・二の腕を揉むようにします。
・反対側も行います。
・5回繰り返して下さい

バストアップをする育乳にも、日常生活にからだを冷やさない事は大切です。

バストを温める一番簡単な方法としては、40℃程のお湯にゆっくりつかることが良いのです。乳腺を刺激する外側からの適温は、42℃以下と言われているのです。

またからだを冷やす飲み物や食べ物は摂取しないことも大事です。冷たい飲み物・アルコール・コーヒーなどです。

バストアップには、バストの部分だけに気を付けるのではなくお腹周りや足首を温める事も重要です。

36、5度~37度がホルモンの分泌を促す体温と言われています。低体温とならないことも大切です。
https://www.octanehta.com/